渋谷 すばる

おかしいやん

すばるさん騒動ですが、話がおかしいと思いませんか?
事件があったのは15日から16日にかけて。
週刊誌が発売されたのは、16日。
でも、被害者とされる女性は14時間昏睡状態だったそうです。
おかしくないですか??
16日の未明、意識を失った女性は14時間眠り続けたわけです。
週刊誌が書かれている頃は、まだ眠っているはずなのです。
なのに、週刊誌では被害者とされる女性が事件について語っています。
矛盾しすぎじゃありませんか?




で、結局ガセだったらしいです。
週刊誌で語っていたA子さんは自首したらしいです。

えっと、、、
実は、同週刊誌で数ヶ月前に「関ジャニ∞のメンバーのスクープが書かれるらしい」という噂があったんです。
それがコレなのかもしれません。
要するに、「叩かれた」だけなんですね。
芸能人だから仕方が無いことなのかもしれないですけど、まぁ何も無かったので良かったです。


でも、今回の騒動で思ったんですけど、メディアだから何をしてもいいっていうわけじゃないと思うんです。
たくさんの人が見ているものだからこそ、正しいことを書く責任がある。
書くからには、正しい情報を伝える義務がある。
今回は、大々的に書かれた記事でした。
ならば、それ相応の謝罪をするべきだと思います。
今回の記事で「渋谷すばる」に不信感を抱いた人も少なくないと思います。
彼のことを良く知らない人にまで、そのイメージを植え付けたんです。
難しい言葉はいらない。
「ごめんなさい」
「間違いでした」
その一言、二言でいいから。。。
謝って欲しい。
“悪いことをしたら謝る”
これって、当たり前のことですよね??

| | コメント (0)

でもね。

事件のこと、書いてある本 読みました。
もしかしたら、書いてあったことはホントかもしれない。
でも、嘘かもしれない。
でもね。
櫻は、すばるを信じる。
真実がわからないなら、櫻は信じる。
_
いままで、すばるにたくさん助けられたし、支えてもらった。
『すばる』っていう存在が、負けそうになった時、励ましてくれた。
だから、今度は櫻が返す番。
今までの『ありがとう』を伝える番。
でも、櫻が『何かできる』って訳じゃない。
ガキだから 苦笑
でもね。
信じることはできる。
信じることができなくなった人達の分も、櫻が信じてあげよう。
何もできないなら、信じてみよう。
信じることで、変わることもあると思うから。
_
今、1番苦しいのは、すばるだと思います。
eighterまで、一緒になって不安になったら、1番苦しくて不安なすばるはどうなります?
こんなときだからこそ、eighterが元気付けるべきだと思います。
eighterだからこそ、できること。
eighterにしか、できないこと。
あると思います。
まずは、信じてみませんか?
彼のこと。
もし、事件が真実だったのであれば、そこからもう一度 信じてあげればいいんです。
だから、信じよう。
eighterは。
他の人が何と言おうが、関係ない。
再び、ステージの上で楽しそうに歌う彼の姿を見るために...

見てるはずはないけど
すばるへ。
すばるは一人じゃ ないよ。
エイトのメンバーもいるし、eighterもいる。
信じてくれてる人達がいる。
だから、負けないで。

| | コメント (1)

弱いけど強い人

逆境をハネ返してがんばってるスポーツ選手の番組とか見ると、マジでカッコいいと思う。

そうは思うけど、自分がそうなりたいってのとは違う。

今、俺は俺のやり方で戦ってるから。

人のマネはしたくないしな、うん。

きっと、勝負って、自分自身が負けたと思ったら負けやねん。

だれかと競争したとして、記録的には惨敗でも、あきらめたらあかん。

そこで戦うことをやめたら、本当の負け。

くやしい気持ちがあるうちは、勝負は続くし、勝つチャンスもあるんやと俺は思うで。

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

勇気を出して踏み出そう

何か変わるかも

今だから言える

あの時

逃げてた自分を捨て

全部受けとめて   

闘ったから今の自分がいる  

少し大きくなった気がする

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

亮ちゃんはデカなったよね。気付いたら身長抜かされてて、めっちゃ焦ったわ。

この前ね、亮ちゃんちに遊びに行ったのよ。

おもろかったで。

彼は関ジャニの中でも、いつもぶっきらぼうなキレキャラやん。

家でもそうなんやろな~って思ってたら、ドアがちゃって開けた瞬間「お母さ~ん!」ってちょっと高めの声で言うてたからね()

ええもん見たなぁって、ちょっと得した気分になった()

内はな、二人きりでも全然気にならん人。

俺って基本めっちゃ人見知りやから、小さい子とかと居っても、どう接したらええか分からんくて困るねん。

でもなぜか内は平気。

お互い喋らんくても、何時間でも一緒に居られる人。

自分でも不思議なんやけど、あいつは一体何ものなん?()

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

何かを守る力は、たった一つでええんや。

本当に大事なモンは一つしかあらへんのやから。

決して負けない力を、一つだけでも持ってれば、それでええ。

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

支えあってくれたマル。

やさしさをくれた横山と、変らぬ安定感で支えてくれた村上。

ドラムでテンションあげてくれた大倉。

仲良くしてくれた亮。

生まれてくれたヤス。

そして大切な大切なeighter

たくさんの愛・力・声・笑顔

ほんまにありがとう。

これからも、今までどおり“楽しい”しような!

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

| | コメント (3)

やっぱり、凄い。

一秒前も十年前も過去は過去。
いつまでも過去に縛られてたら前に進まないし辛いだけやし。
これからの自分にもっとうれしい、楽しい事がいっぱい待ってる。
これからの俺の時間を大切に、生きようと思います。

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

いつも言ってるけど、俺、歌が一番好き。
歌ってる時の自分が一番好き。
例えば熱出てて苦しかって、体のどっか怪我してて
スタッフから「休んでもいいよ」って言われたとする。
それでも俺「休みます」「休ませてください」とは言わへんな。
この一年くらいでいろんな歌を歌わせてもらってる。
Jr.のオリジナル曲も増えたね。
で、聞かれる事があって。
「どの歌が一番好きですか?」とかね。
自分にしたらどの歌に限らず全部俺らしい歌やと思うんすよ。
でもね、やっぱりまだ 『愛してる 愛してない』以上のものには出会えてない。
それは曲自体がどうのとか嫌いやとかそういう話じゃなくて、
今の自分のスタートを切らせてくれた歌やからなんやけどね。
だから、いつか「『愛してる 愛してない』?あぁ、そういう歌も歌ったね」
って言えるようになったらそれは逆に凄い曲やと思う。
けど俺の歌、俺しか歌えない歌がどれだけ増えたとしても
あの歌、忘れる事はないと思うな。

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

人は前を向いて歩くモノなんて、誰が決めたんやろな?
下を向いて歩く時期があっても見つかるモノは沢山ある。

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

俺は正直、初めは皆を信用してなかった。
せやけど、横と雛が傍におったから段々と周りの人も信用出来るようになった。
∞も好きやけど、やっぱり俺を支えてくれた横と雛。
こいつ等が俺を支えてくれたから、今の俺がおる。
お互い頼って頼りたい。

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

俺は何回も挫折した。何回も何回も嫌になった。時には一人で泣いたときだってあった…。
仕事がなくなってこの世界をやっていく自信が無かった。
でもここまで大きくなったんは∞という自分の居場所を見つけたから。
∞は無限大って読むやろ?それと一緒。皆無限大の力を持ってんねん。それを出せるかが問題。
だって早かったら変に自信がついてまう。逆に遅かったら諦めてしまう。
なんでできひんねんやろって…。そこをなんとか頑張ったら次にはいい事がまっている。
その場所で花が咲く。その繰り返し。で、手に入れた『関ジャニ∞』って花。この花は強い。
自分の限りない可能性を求めた。例えそれが0%に近くても。諦めへんかった。
今になったらアホみたいにいつでも笑い合える仲間が自分のそばにおる。
時には互いの気持ちがぶつかって喧嘩もした、でも次の日になったら自然と仲直りできる。
横は結構俺と似た部分があんねん。時にはこいつまじであほやって思う、でも元気無い時とかあいさつとかしただけで今日無理するなよって。彼は不器用やけど人一倍優しいわ。
ヒナとかも一緒。元気無い日とかにご飯無理に行ったら、お前このあと用事あるっていうてたやん。
はよ帰りって。帰り道に「今日元気無かったのに無理に誘ってごめんな…」って。俺泣いたわ。
安とか丸は「すばる君ー」って呼んで「どないしたん?」って言ったら無邪気に「今から遊ぼ」って俺もつられて笑いながら遊んでまう。普はぼーっとしている大倉とかも「すばる君、今から食べ行かへん?俺腹へってしゃーないねん」って。お前の頭は食物しかないん?って話。
食べに行ったら行ったでうまそうに飯食う大倉が目の前におって、幸せなんやろうなって思う。
内と亮ちゃんはNewSでコンをしている時でも∞を心配している。メールとかきた!って思ったら「ちゃんと飯食ってますか?」って。そっちかよ!みたいな。そのあほみたいなやりとりをしているんが、いつしか俺の生き甲斐になってた。無理やろって思う事を嫌!といいはる横。
皆が暴走しているんをうまいことまとめて次に行こうとするヒナ。日本語しゃべられへんわりに前に前に行こうとする安。急に一発芸をして皆をわらかしたり皆のムードを一瞬にしてかえる丸。
ぼーっとしてるわりには実は計算しているずるい大倉。普段は毒舌やけど人一倍皆を大好きな亮。
∞の末っ子で天然やけど時に毒舌になる内。こんな奴らに囲まれて俺は幸せすぎちゃう?皆に出会えた奇跡を誇りに思う。俺たちはどこにいても強い絆で繋がっている。
神様は俺たちを幸せにしてくれたんちゃう?こんなん見ず知らずの男8人出会うことないですよ。
しかも皆個性強いし、無駄に前にでるし、やっぱ関ジャニ∞は最高で最強です。あっ!横、雛、安、丸、大倉、内、亮。こんな俺やけど一生面倒みてください。おれをひとりにしやんていてな。
せないと∞じゃなくなるやん。おじいちゃんになってもおれらは8人の常日頃集まってあほなことしたり、あほな話したり、笑っとこうな。おれらは永遠の仲間やで。

きっと、勝負って、自分自身が負けたと思ったら負けやねん。
だれかと競争したとして、記録的には惨敗でも、あきらめたらあかん。
そこで戦うことをやめたら、本当の負け。
くやしい気持ちがあるうちは、勝負は続くし、勝つチャンスもあるんやと俺は思うで

ぶっちゃけ、今やってる仕事をもうええわ!っと思った時期があって・・・・
そんな時期がずーっと続いて、そんな時自分のやりたいことやってるRIZEと出あって、
うまいとか下手とかじゃなく、好きなことをやってる。
俺もこれでええんかなって初めて思えた。
それまではファンレターとかで歌や舞台とかで頑張ってる姿に励まされたとか書いてあって、
それもらっても普通にしてることやし、そんなわからんかった。
けど、自分がそうなって、RIZEに出会って、そういうんが初めて分かった。
俺もこのままでいいかなって。
だから、こういう仕事してるんは凄いことだなって思うし、
やっぱり、やりがいがあることやなって思った。

また一つ大きな目標が達成できたと言うか・・・すごい夢の様な時間でした。
みんなの声が聞こえる限り、
僕も皆に負けない様にこれからも大きな声で歌い続けていこうと思います。

関ジャニ∞最近、非常に良いんじゃないでしょうか。
この名前が付いてからずーっと右肩上がりに良い感じで、ありがたい事だなぁって思います。
でも皆、根っこの部分は初めて会った時と全然変わらへんし。
相変わらず居心地良いし、一緒に居て凄い楽。

関ジャニ∞の結束力が一番発揮される瞬間だからね(笑)
準備、片付け、食事、全て熱くて早い!

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

いくら心の中で思っていても、伝わらなければ意味がない。
大事なのは言葉にすること。
後ろを向いて悩んでる暇があったら、とにかく一歩でも前に進もう。

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

1歩1歩確実に自分のレベルを上げる努力をせなアカン。
でもやっぱり人は何処かで挫折してしまう。
でもそこで諦めたら終わり。
なんか奈落の底へ落ちていきそうで。
俺は溜めるまで溜めて、そのまま上がってこられへん。
皆に言わんでも、なんか分からんけど雛と横には分かるらしい。
俺って顔に出やすいんかも。
あいつ等がいつも温かく迎えてくれるし、俺を助けてくれる。
安とかも優しい言葉をかけてくれるし、
丸は皆を笑わせてくれる、
普段はぼーっとしてる大倉も優しくなる、
亮と内は一緒に居る時間が短いけど、俺の事分かってくれる。
俺はこんな良い、場所を見つけた。
それは何処にもない。 
俺等8人の場所。
誰でも良かった訳やない。
この8人やないとアカン。
何があっても俺等は支えあって∞の無限大にする。
自己中かもしれんけど、これからも俺の面倒見てな。
あと、最後に。
やっぱり俺等は最高で最強やで。

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

忙しい毎日
逃げ出したくなる
でも一人じゃない
みんな一緒
繰り返しの毎日を闘って生きている
負けたくない
すっげぇ楽しい時もある
その分すっげぇムカツク時もある
考えたってしゃーない!
楽しい事だけ考えて自分を信じて頑張るだけ
今はただそれだけ
幸せは後からついてくる
夢を叶えるためには死ぬほど努力しなくちゃ
だから頑張るよ
絶対負けない
俺だけの夢
だから皆 俺だけを見てろ!

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

| | コメント (3)